メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

スポーツ 飛び込みW杯選考会 13歳の玉井選手が五輪へ前進

男子高飛び込みを制した玉井陸斗選手の演技=東京辰巳国際水泳場で9日

[PR]

 水泳すいえいみのワールドカップ(Wはい)の代表だいひょう選考せんこうかいが、東京辰巳国際水泳場とうきょうたつみこくさいすいえいじょうおこなわれました。最終日さいしゅうびの9ここのか男子だんし高飛たかと決勝けっしょうで、中学ちゅうがくねんせいで13さい玉井たまいりく選手せんしゅが458・05てんで1となりました。Wはいは、今年ことしなつ東京とうきょうオリンピック(五輪ごりん)の最終予選さいしゅうよせんとなる重要じゅうよう大会たいかいで、玉井たまい選手せんしゅはWはい出場しゅつじょうをほぼ確実かくじつにしました。

 玉井たまい選手せんしゅ最終さいしゅうかいのひねりわざで、しぶきをあげない「ノースプラッシュ」を披露ひろう逆転ぎゃくてん演技えんぎとなり、2と23点差てんさ快勝かいしょうしました。Wはいで18以内いないになれば五輪ごりん代表入だいひょういりがまるため、日本勢にほんぜい男子だんしさいねんしょう出場しゅつじょう前進ぜんしんしました。

 女子じょしいたみでは、両親りょうしん祖父母そふぼ五輪出場ごりんしゅつじょう経験けいけん金戸かねとりん選手せんしゅ(16)が4金戸かねとはな選手せんしゅ(21)が9わりました。「家族かぞくだい」で出場しゅつじょう目指めざした東京とうきょう五輪出場ごりんしゅつじょうは、きびしくなりました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです