メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

スポーツ 4大陸選手権 羽生、紀平両選手がV

優勝した羽生結弦選手(中央)と、2位のジェーソン・ブラウン選手(左)、3位の鍵山優真選手=韓国・ソウルで9日、AP 
金メダルを手に笑顔を見せる紀平梨花選手=韓国・ソウルで8日、AP

[PR]

 フィギュアスケートの4大陸選手権たいりくせんしゅけんが、韓国かんこく・ソウルで9ここのかまでおこなわれました。男子だんしは、羽生はにゅう結弦ゆづる選手せんしゅ(25)がはじめて優勝ゆうしょうしました。これにより、羽生はにゅう選手せんしゅはジュニア、シニアの主要しゅよう国際大会こくさいたいかい男子だんしはじめてすべせいしました。

 羽生はにゅう選手せんしゅがショートプログラムで記録きろくした111・82てん世界最高得点せかいさいこうとくてんでした。3には、シニアの主要しゅよう国際大会こくさいたいかいデビューとなった16さい鍵山かぎやま優真ゆうま選手せんしゅはいりました。

 女子じょしは、紀平梨花きひらりか選手せんしゅ(17)が2連覇れんぱたしました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです