メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

新型コロナウイルス、不安で病院へ… 「仕事休めない」が流行広げる 医師 木村知さん

医師の木村知さん=東京都千代田区で2020年2月5日、丸山博撮影

 せきや発熱などの症状を自覚すると、多くの人は「仕事を休めない」と不安になりがちだ。最近では新型コロナウイルスの感染拡大が伝えられ、「早く病院に行かねば」と焦りが募るかもしれない。しかし、「病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ」(角川新書)を昨年刊行した医師の木村知(とも)さん(51)は「そんな風潮が感染症を流行させる」と警告する。【和田浩幸】

 中国湖北省武漢市で昨年12月に患者が発生し、日本を含む各国に感染が広がる新型コロナウイルス。「朝から少し喉が痛むのですが、テレビを見たら怖くなって」。報道が過熱するにつれ、木村さんが勤める首都圏の診療所には、感染を心配するほぼ無症状の人が訪れ始めている。

この記事は有料記事です。

残り2544文字(全文2852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです