メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目は語る

2月 西洋美術史たどる「ブダペスト展」 聖母から若い女性像へ=高階秀爾

 日本とハンガリーの外交関係樹立150周年という節目の年を記念して、「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」展が現在、東京・六本木の国立新美術館で開催されている。

 これは、ルネサンス以降の西洋美術を中心とするブダペスト国立西洋美術館と、19世紀から20世紀初頭にかけての美術に焦点を絞ったハンガリー・ナショナル・ギャラリーの収蔵品から選ばれた作品を第Ⅰ部「ルネサンスから18世紀まで」と、第Ⅱ部「19世紀・20世紀初頭」とに再構成して、ほぼ400年間にわたる西洋美術の歴史を辿(たど)ったものである。

 その具体的内容は、第Ⅰ部ではドイツ絵画、ネーデルラント絵画、イタリアの特にヴェネツィア派、さらにハプスブルクつながりでスペイン絵画など多彩な表現が溢(あふ)れており、第Ⅱ部においても、ビーダーマイアー様式に代表される安定した穏やかな市民絵画や印象派絵画とともに、ポスト印象派から世紀末芸術を経て20世紀の表現主義、構成主義にいたる革新的な造形探求が紹介される。出品作品は、絵画、デッサン、彫刻あわせ…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1363文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. ORICON NEWS 元テレ朝・竹内由恵アナ 静岡在住のまま復帰へ「家庭も大事にしながら」

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです