メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 県内在住、初の感染者 中国・武漢から帰国、自宅待機の男性 /埼玉

 中国湖北省武漢市で感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について、厚生労働省と県は11日、県内在住の40代男性が感染したと発表した。県内在住者の感染が確認されたのは初めて。

 県保健医療政策課などによると、男性は1月30日に政府のチャーター機の第2便で中国から帰国し、国立国際医療研究センター(東京都新宿区…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  5. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです