メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本・人・まち」つなぐ

価値を共有するために 図書館マグカップ誕生 /岐阜

 これは以前にも書いたことだけど、みなさんはみんなの森という名前がぎふメディアコスモスの冒頭に付いていることをご存じだろうか。「みんなの森ぎふメディアコスモス」がこの複合文化施設の正式名称なのだ。みんなとは、この図書館にやって来るひとりひとりのあなたや私のことを指しているといつも私は考えている。抽象的な誰かのことではない。

 市内から、遠方から、見知らぬひとりひとりの誰かがこのメディアコスモスの図書館に毎日やって来て、書架で、席で、雑誌コーナーで、交差する。見知らぬひと同士が言葉を交わす読書会や講座という機会もさまざまにあるけれど、多くのひとは思い思いに無言で本との時を過ごしてゆく。図書館が広場であるとすれば、図書館に愛着を持ってくれる利用者のひとたちと運営する職員の私たちをつなぎあい、この公共の空間で感じてくれてい…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです