メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

珠算と暗算で十段 県内初、京都女子中3年・大平優さん達成 2歳半から、努力実る 栗東 /滋賀

大人も含め県内で初めて、珠算と暗算で十段に認定された大平優さん=栗東市野尻で、礒野健一撮影

 日本珠算連盟(東京)が実施する珠算・暗算の段位認定試験で、京都女子中3年、大平優さん(15)=栗東市=が最高位の両部門十段を達成した。大人も含め、県内初の偉業に「うれしいです」と喜びを語り、さらなる高みを目指す。【礒野健一】

 珠算を始めたのは2歳半。母公子さん(54)が栗東市内の自宅横で開く珠算教室に出入りし、数字を覚えるより前に、そろばんの使い方を習得した。小学1年からは京都府向日市の珠算教室「西京都学院」に通い、ほどなく1級に合格。その後も1日約2時間の練習を続けて力を伸ばした。

 「賞状やトロフィーをもらったり、同世代の珠算友達に認められるのが楽しかった」。さまざまな大会で好成績を収め、小学6年で暗算十段、中学1年で珠算九段に昇格した。暗算は「頭の中のそろばんを使って解く」と言われるが、優さんは五段に昇格した頃から頭のそろばんが消え、「言葉ではうまく表現できないが、数字を見ると答えが出てくる」状態になったという。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです