メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック@さぬき

高松の魅力、もっと発信! フルマラソン大会開催で /香川

約1万人のランナーが参加した香川丸亀国際ハーフマラソン=丸亀市で、喜田奈那撮影

 全国各地の都市で1万人以上の市民ランナーが参加するフルマラソン大会が開かれている。主体となって運営する各自治体は、大会をきっかけに地域の魅力をPRしようと力を入れている。一方、県内のフルマラソン大会は、土庄町の「瀬戸内海タートル・フルマラソン全国大会」のみ。県庁所在地の高松市では開催されていない。最近、観光都市として国内外から注目度が上がる高松市で開かれれば、高松の魅力をもっと発信できると思う。【川畑展之】

 私(42)は約4年前にマラソンを始めた市民ランナーで、4時間半ほどで完走する。前任地で初めて参加した「奈良マラソン」は、奈良市の奈良公園など多くの観光地を通る。大会は県や市などでつくる実行委員会が約1年前から入念に準備する。当日も多くのボランティアスタッフが加わり、沿道からの声援も途切れることがない。私はフルマラソンの魅力にはまった。

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです