メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊方原発電源喪失 プール冷却、43分間停止 四電「安全問題ない」 /愛媛

 伊方原発(伊方町)で1月に発生した一時電源喪失トラブルで、3号機の使用済み燃料プールの冷却が約43分間停止していたことが四国電力への取材で判明した。核燃料は原子炉停止後も「崩壊熱」を出すため冷却が必要で、プール内の水温は最大で1・1度上昇していた。四電は「上限の温度より低く、安全性に問題はない」としている。

 伊方原発では定期検査中の1月25日、送電線が遮断されて一時電源を喪失するトラブルが発生。3号機では瞬時に非常用ディーゼル発電機が起動、約9秒後に受電を始め、約2分間で海水ポンプなどが順次自動で再起動した。一方、プールを冷却するためのポンプの再起動は手動で、海水ポンプなどの起動状況の確認後に再起動したため、約43分間にわたり冷却が停止されたという。四電は「急激に温度が上昇するものではなく、手順通り…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです