メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大三島お仕事図鑑 移住者伝える、島の魅力 今治北高分校生が制作、発表会 /愛媛

大三島に移住し、さまざまな人生を切り開いた人たちを全校生が取材した「大三島お仕事図鑑」=松倉展人撮影

 「大三島の『仕事』を知ると、さらに島が好きになった」。県立今治北高大三島分校の全校生徒76人と教職員の手で、大三島に移り住んだ人たちの職業体験を一人ずつ聞き取ったパンフレット「大三島お仕事図鑑」(B5判30ページ)が完成した。仕事の紹介はそのままで島の魅力を生き生きと伝える内容に。分校で5日開かれた完成発表会では「大三島には必ず『何か』がある。自信を持って生きて」と移住者らが生徒らを励ました。【松倉展人】

 「大三島の魅力を高校生の視点で発信しよう」と、分校生は2018年に島全体を紹介するパンフレット「私たちの大三島」を独自取材で刊行した。今回の「お仕事図鑑」は県教委の「地域に生き地域とともに歩む高校生育成事業」の指定を受け、約9カ月がかりで完成させた。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです