園児危険、1万6249カ所 散歩コース、大津事故後点検 政令市など

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大津市で2019年5月、散歩中の保育園児ら16人が車同士の衝突に巻き込まれて死傷した事故を受け、道府県庁所在地と政令市、東京23区の計74自治体が園児らの散歩コースを点検した結果、安全対策が必要と判断された「危険箇所」が少なくとも1万6249カ所に上ることが毎日新聞のまとめで判明した。8割にあたる61自治体がガードレール設置などの対策に乗り出した。専門家は「道路整備の考え方を、車中心から歩行者中心に変えることが重要だ」と指摘している。

 国は大津の事故の翌月、未就学児が散歩などで日常的に集団で移動する経路を緊急点検するよう自治体に通知した。毎日新聞は19年12月~20年1月、道府県庁所在地46市とそれ以外の5政令市、東京23区を対象に点検に関するアンケートを実施し、全てから回答を得た。幼稚園については都道府県が担当との理由で未回答の自治体もあった。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1071文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集