メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

いずれは夜明けが来る=古賀攻

透過型電子顕微鏡でとらえた新型コロナウイルス=GISAID Initiative提供

 <sui-setsu>

 東京・池袋西口の野外劇場グローバルリングで、旧暦最初の満月を祝う多文化交流イベント「東京燈会(とうかい)満月祭池袋2020」が開かれたのは先週末の8日と9日だ。ここにミャンマーやネパールなどの屋台と並んで「武漢中国応援ブース」が設けられた。

 調布市の深大寺周辺で養蜂をしている杉沼えりかさん(36)は、自前のハチミツを持ち込んでブースに入った。チャリティー販売で義援金を送るためだ。

 一緒に手伝ってくれたのは友人でイラストレーターの女性。北京暮らしの経験があり、中国語ができる。しかも、彼女には中学2年の娘がいて、自分が20年前に着ていた赤いチャイナドレスを娘に着せて募金箱を持たせてくれた。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです