メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

小泉環境相の「育休」 古い「空気」変える契機に=長岡平助(デジタル編集グループ)

朝、保育園に向かう父娘=東京都内で、小出洋平撮影

 小泉進次郎環境相が1月から「育休」を取得している。閣僚や議員には法定の「育児休業」がなく、時短やテレワークなどを使い自主的な「育児休暇」を2週間分取るという。小泉環境相は、男性の育休を取り巻く「空気」を変えたいと語った。制度があっても取得が進まない今、一人の育休経験者として「子育ては女性だけのもの」という古くよどんだ空気の変化を期待したい。

 男性の育休取得は育児参加の第一歩だ。女性にだけ育児・家事の負担を強い、「活躍」の機会を狭めている現状を変える契機となる。夫婦が育児・家事を分担することで、社会に多様性と活力という新たな風が吹くと私は考える。

この記事は有料記事です。

残り1748文字(全文2024文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  2. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

  3. 東京都内で新型コロナ感染者95人以上確認 1日あたり最多

  4. 「爆発的拡大回避しても瀬戸際続く」 首相の「長期戦覚悟」発言説明 菅官房長官会見詳報

  5. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです