メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

小泉環境相の「育休」 古い「空気」変える契機に=長岡平助(デジタル編集グループ)

朝、保育園に向かう父娘=東京都内で、小出洋平撮影

 小泉進次郎環境相が1月から「育休」を取得している。閣僚や議員には法定の「育児休業」がなく、時短やテレワークなどを使い自主的な「育児休暇」を2週間分取るという。小泉環境相は、男性の育休を取り巻く「空気」を変えたいと語った。制度があっても取得が進まない今、一人の育休経験者として「子育ては女性だけのもの」という古くよどんだ空気の変化を期待したい。

 男性の育休取得は育児参加の第一歩だ。女性にだけ育児・家事の負担を強い、「活躍」の機会を狭めている現状を変える契機となる。夫婦が育児・家事を分担することで、社会に多様性と活力という新たな風が吹くと私は考える。

この記事は有料記事です。

残り1748文字(全文2024文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  4. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  5. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです