メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

野村克也さん死去 野球の奥深さ伝えた知将

[PR]

 プロ野球を代表する往年の名捕手で、ヤクルトなど4球団で監督を務めた野村克也さんが亡くなった。84歳だった。

 若い頃から分析力にたけていた。京都・峰山高では無名の選手だったが、プロ球団のメンバー表を見ながら、どのチームに入ればレギュラーになれるかを考え、正捕手の年齢が高い南海(現ソフトバンク)ならチャンスありと入団テストを受けた。

 テスト生ながら3年目から早くも頭角を現した。相手との心理的駆け引きにすぐれ、チームの大黒柱に定着する。1965年には戦後初の3冠王になり、その後は選手兼務で監督を引き受けた。

 王貞治、長嶋茂雄という巨人の華やかなスター選手を「ヒマワリ」にたとえ、自らを「月見草」と称した。対抗心の裏側には絶えず捕手、監督としての知略があった。

 解説者時代はストライクゾーンをテレビ映像で9分割し、配球を分析する「野村スコープ」が人気を集めた。「野球は間のスポーツ」と言い、1球ごとに揺れ動く選手の心理を視聴者に分かりやすく伝えた。

 綿密な分析力は、ヤクルトの監督になってさらに開花する。データ重視の野球がチームに浸透し、日本シリーズを3度制した。続いて阪神、楽天の監督に招かれたのも、「ノムさん」への期待の表れだった。

 自分の知識を余すところなく若手に説き、古田敦也さん(元ヤクルト捕手、監督)や田中将大投手(楽天-ヤンキース)らを育てた。

 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉を好んだ。江戸時代の剣術書の一節だ。相手次第で偶然の勝利はあるが、負ける時は必ず原因がある。この教えは剣術や野球だけの話ではない。

 野村さんが語る野球哲学は、組織論やリーダー論にも転用され、現代社会の処世訓にもなった。

 著書「野村ノート」によると、野村さんは「人生」の2文字から四つの言葉を連想するという。「人として生まれる」(運命)、「人として生きる」(責任と使命)、「人を生かす」(仕事、チーム力)、「人を生む」(繁栄、育成、継続)

 野球の奥深さを追求し、醍醐味(だいごみ)を伝え続けた功績が色あせることはないだろう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 石川県で5人目の新型コロナ感染確認 出張の50代男性

  3. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  4. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです