メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

水をめぐって/5 十和田湖と明治の水彩画家

 <くらしナビ・環境>

 山湖(さんこ)を愛した明治の水彩画家、大下藤次郎(1870~1911年)は写生旅行に明け暮れ、まだ知られていなかった日本奥地の自然を、美しい絵と面白おかしい紀行文で紹介した。場所によって、猟師や修験者以外で最も早く入った者の一人と言われる。青森・秋田県境の十和田湖で描いた「やなぎ」は第5回文部省美術展覧会(文展)に出品したが、審査当日に41歳で急逝。親交があった森鷗外が訃報を聞き、作品を入選させたと言われるが……。

 大下は猪苗代湖、上高地、富士五湖、榛名湖、木曽駒ケ岳なども訪れた。1910年の第4回文展までに「穂高山の麓(ふもと)」、尾瀬の燧(ひうち)ケ岳を描いた「深山の夏」、南アルプス・白峰三山の「春(甲州の春)」が入選していた。

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです