メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

薬の効果/3 安静に過ごしインフル治療

 インフルエンザに感染して高熱が出たら、つい薬に頼りたくなる。だが医学界は多くの人たちにとって「必須でない」とくぎを刺す。患者が病院にかかろうとする行動がかえって感染拡大を招く恐れもある。「賢い選択」の新シリーズ3回目は、抗インフルエンザ薬の正しい使い方を紹介する。

 ●検査見送る場合も

 「インフルエンザですね。薬はどうしますか」

 大阪市北区にある太融寺(たいゆうじ)町谷口医院には、1シーズンで約100人のインフルエンザ患者が訪れる。小児や高齢者以外で持病がない人には、薬の効果は解熱をおよそ1日早める程度。薬に頼らなくても自然に治ることを説明し、薬が必要かを尋ねる。すると全体で約1割の患者が「不要」と答えるという。水分をしっかり補給し、小児や高齢者、妊婦への接触を避けるといった注意すべきことを伝え、自宅で安静にするように説…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです