メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野村克也さん死去 データ洞察、野村革命  「再生工場」江夏らに光 不世出の足跡残し

 選手、監督として数々の実績を残し、独特のぼやき節でもファンに愛されたノムさんこと野村克也さんが11日、84歳で亡くなった。戦後初の3冠王となるなど強打の捕手として活躍した野村さんは、監督としても南海(現ソフトバンク)、ヤクルト、阪神、楽天を率いて日本シリーズを3度制覇。自らを評した「月見草」という言葉とは対照的に、輝かしい記録を日本球界に刻んだ不世出の野球人だった。

 657本塁打、1988打点はいずれもプロ野球歴代2位。相手投手の癖を見抜くすべや配球の読みを磨いて数多くのタイトルを手にする一方、球界に起こした「革命」も枚挙にいとまがない。クイックモーションやギャンブルスタート、データ重視のID野球……。野村さんの鋭い観察眼や野球に対する深い造詣から生まれた戦術は、今では当たり前のように浸透している。

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです