メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviグルメ

「ルビーチョコレート」「マルシェ買い」…松屋銀座で味わえる、2020年のチョコレートトレンド(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

2月14日のバレンタインデーが近づいてきました。今年は金曜日ということもあって、例年以上に盛り上がりそうです。

 

肝心のチョコレートは、本来の(?)趣旨である“女性が気になる男性にあげる”ものなら、間違いのない定番がいいかもしれませんが、自身や友人など、純粋にチョコレートが好きで、バレンタインデーを世界中から新作・傑作が集まるチャンスとして楽しみたいなら、トレンドは外せないでしょう。

 

そこで今回は、2019年から2020年に続くチョコレートの注目すべきトレンドをピックアップ。さらに、イタリア・ペルージャ発の歴史あるチョコレートの祭典「ユーロチョコレート」を開催する松屋銀座「ギンザ バレンタインワールド」の、注目商品もたっぷりと紹介します。

 

注目キーワード1.「ルビーチョコレート」

筆頭はやはり、第4のチョコレートと言われ話題となっている「ルビーチョコレート」でしょう。まるでストロベリーなどベリー風味を添加したチョコレートのようですが、実は一部のカカオ豆からしか採取できないルビーカカオの成分を抽出し、完成したチョコレートなのです。

第4のチョコレートって?

チョコレートといえばダーク、ミルク、ホワイトの3種。ここに連なる存在として、13年もの開発期間を経て2017年9月に誕生したのが、ルビーチョコレートです。商品化されたのは、2018年1月18日発表のネスレの「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」が最初でした。

・1847年 ダークチョコレート製造
・1875年 ミルクチョコレート製造
・1930年 ホワイトチョコレート製造
・2017年 ルビーチョコレート製造

 

産地は?

ルビーチョコレートを開発したのは、ベルギーのカレボーとフランスのカカオ・バリーの2ブランドからなる世界有数のチョコレートメーカー「バリーカレボー」社。ブラジル、エクアドル、コートジボワールなどの産出国で生産されたカカオ豆を使用しています。

 

どんな味?

着色料や果汁パウダーは一切不使用。ルビーカカオ由来のやさしいピンク色をしています。味はわずかに酸味があり、苦味は抑えめで、まるでベリーのようなフルーティーな味わいです。

 

どこで買える?

生産に技術と手間がかかるため、ルビーチョコレートはまだまだ高嶺の花。原料を大量に仕入れるメジャーなチョコレートブランドのほうが、手軽に手に取れるようです。成城石井など、案外身近なお店で入手可能。

↑おなじみ「キットカット」のプレミアムライン。ネスレ「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」432円(税込)
↑ルビーチョコレートの商品点数が充実している成城石井。「ハート型ルビーチョコレート」はひと粒ずつ個包装されていて、配り物としても活用できそう

 

ルビーチョコレートは華やかなピンク色で、プレゼントにもホームパーティにもぴったり。令和初のバレンタインデーの主役となりそうです。

 

ここからは、イタリアから上陸したチョコレート博「ユーロチョコレート」など、松屋銀座で見つけたトレンドとチョコレート商品を15種、紹介しましょう。

 

注目キーワード2.「マルシェ買い」

この時期に会場でしか味わえない体験を提供。開催期間の10日間で世界中から80万人以上が訪れる世界最大級のチョコレートの祭典「ユーロチョコレート」の会場のように、欲しいチョコレートを欲しいだけ買える、量り売りやバラ売りも行われています。まるでマルシェで野菜などを買う感覚です。


「ビー ウェル」の量り売りチョコレート。「美味しく身体に良いチョコレート」をコンセプトに、イタリアのフルーツやナッツ、スーパーフードを使ったチョコレート約20種類を用意しています。グルテンフリーやビーガン対応商品も。50g・600円〜

 


イタリア・マルケ州の港町で1969年に創業した、家族経営のチョコレートブランド「ドルチェ ヴィータ」の量り売り。ミントやティラミスなどのフレーバーを加えたライスパフ入りのチョコレートチップスです。100g・681円〜

 


日本初上陸のブランド「ガルップ」は、リモンチェッロやバローロなど大人向けのガナッシュを1個からバラ売りしています。1個・181円

 

また、フェア会場のその場で食べられるイートインや実演も、楽しみのひとつです。チョコレートソフトクリームやドリンク、パフェなどが合計10ブランドから提供されます。

 

注目キーワード3.「パケ買い」

世界中からチョコレートが集まるこの時期に、たくさんのなかから気に入ったものを選ぶのは至難の技。おいしさはもちろん、選ぶのも飾るのも楽しくなるパッケージの可愛さも、やっぱり大事な条件です。プレゼントだけでなく、自分へのご褒美にもなりそうですね。


30年以上トスカーナで営むファクトリー「スタイナー」は、南米産のカカオ豆をベースに、独創的なフレーバーをさまざまにラインナップ。ビオシリーズや動物モチーフなど、集めたくなるかわいさです。各1101円

 


シチリア島の町モディカのチョコレートブランド「チョモド」は日本初上陸。選びぬかれたカカオ豆から作られ、シチリア島のエッセンスを味に加えています。各1181円

 


「コスットゥルットーリ・ディ・ドルチェッツェ」は遊び心と独創性がテーマのブランド。トーストやカプチーノなどに削りたてのチョコレートをかけて楽しめる「チョコレートミル」が人気です。1801円

 

GetNaviがプロデュースするライフスタイルウェブマガジン「@Living」

注目キーワード4.「SDGs」

カカオの生産地の多くは、いまだ発展途上。近年多くのショコラティエが、現地で技術提供などを行いながら、さまざまな支援を続けています。おいしいだけじゃない、かわいいだけじゃない、サステナブルなチョコレートにも目を向けてみてはいかがでしょうか。フェアトレード&ダイレクトトレードのチョコレートも増えています。


京都のビーントゥーバー(カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を一貫して行うこと)専門店「ダリケー」は、インドネシアのカカオを100%使用。現地のカカオ豆農家に発酵技術を指導し、そこで実った良質なカカオ豆に一定の対価を払うことで、農家が安定した収益を確保できるようにしています。「カカオが香る生チョコレート 初摘みプレーン」2700円

 


2008年に、カカオ貿易の中心地であるオランダ・アムステルダムで元国連職員が設立した「オリジナルビーンズ」。農家と直接取引を行うダイレクトトレードや技術支援のほか、植樹活動など環境保全、ゴミをなくす努力など、サステナブルな取り組みを積極的に行っています。

 

世界70か国以上で活動する国際NGO「プラン・インターナショナル」が推進している、差別や偏見に苦しむ発展途上国の女の子たちを守り、サポートするプロジェクト「ガールズ・プロジェクト」。松屋銀座の「ギンザ バレンタインワールド」でタブレットチョコレートを購入すると、その収益の一部が「ガールズ・プロジェクト」の資金となるというもの。

【関連記事】
私にもできる、寄付やボランティアの仕組みがある! 知っておきたい慈善活動の仕組み

 

チョコレートを買うだけで、誰かの役に立つかもしれない。そんな仕組みに気軽に参画できるのも、2020年らしいバレンタインの過ごし方ではないでしょうか。

 

【店舗情報】

松屋銀座

所在地:東京都中央区銀座3-6-1 8階イベントスクエア
Tel:03-3567-1211
営業時間:10:00~20:00
http://www.matsuya.com/m_ginza/

 

GetNaviがプロデュースするライフスタイルウェブマガジン「@Living」

【関連記事】
禅にも通じる!? ワインへの新しいアプローチ「ワインアロマセラピー」で心の声を聴く

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです