特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「うそつき」「高級すし」 首相と黒岩氏が互いに謝罪要求 「桜を見る会」前夜祭巡り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会の集中審議で「桜を見る会」の前夜祭を巡る「うそつき発言」に関して立憲・黒岩宇洋氏との質疑があり、野党議員たち(手前)が棚橋泰文委員長に抗議する中、答弁を続ける安倍晋三首相(奥)=国会内で2020年2月12日午前11時11分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会の集中審議で「桜を見る会」の前夜祭を巡る「うそつき発言」に関して立憲・黒岩宇洋氏との質疑があり、野党議員たち(手前)が棚橋泰文委員長に抗議する中、答弁を続ける安倍晋三首相(奥)=国会内で2020年2月12日午前11時11分、川田雅浩撮影

 12日午前の衆院予算委員会で、安倍晋三首相と立憲民主党の黒岩宇洋氏が互いに謝罪を要求するやりとりが展開された。

 黒岩氏は、4日の衆院予算委で首相が黒岩氏のことを「うそつき」と発言したことについての謝罪を要求。これを首相は拒否した。逆に、桜を見る会前日にあった安倍後援会主催の前夜祭を巡る黒岩氏の発言が「流言の流布」に当たるとして、黒岩氏に謝罪を要求した。

 4日の予算委では、黒岩氏が前夜祭の契約に関し、会場のホテルの規約を入手した上で質問。「事前契約でリスク負担を決めるとホテルの規約にある。キャンセルが出た場合、費用負担はどうなるか」と聞いた。これに首相が「根拠がないことをいっている。うそをついているのと同じだ」と発言し、後に撤回した。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文713文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集