特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

国民投票で明記否決されても… 首相「自衛隊合憲は変わらない」 衆院予算委

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会の集中審議で「桜を見る会」の前夜祭を巡る問題について答弁するため挙手する安倍晋三首相=国会内で2020年2月12日午前11時20分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会の集中審議で「桜を見る会」の前夜祭を巡る問題について答弁するため挙手する安倍晋三首相=国会内で2020年2月12日午前11時20分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、自民党が掲げる「憲法9条への自衛隊明記」を盛り込んだ憲法改正案が国民投票で否決された場合も、「自衛隊が合憲であることは(現状と)変わらない」との認識を示した。「必要な自衛のための措置をとること(自衛隊の設置)は、国家固有の権能として当然だ」とした。立憲民主党…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集