特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

学者も理解できぬ首相の“ホテル合意” 「桜」前夜祭 予約も価格優遇もしているのに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会の集中審議で「桜を見る会」の前夜祭を巡る問題について立憲・黒岩宇洋氏の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2020年2月12日午前11時21分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会の集中審議で「桜を見る会」の前夜祭を巡る問題について立憲・黒岩宇洋氏の質問に答える安倍晋三首相=国会内で2020年2月12日午前11時21分、川田雅浩撮影

 衆院予算委員会は12日、集中審議を開いた。テーマは「新型肺炎対応・内外の諸情勢」で、野党は「桜を見る会」問題も追及。安倍晋三首相は、自身の後援会主催の「前夜祭」について「契約主体は参加者個人」と繰り返したが、自身を「ゲスト」として招いたのは安倍後援会だったと認めた。東京高検検事長の定年延長問題も焦点となった。

この記事は有料記事です。

残り2506文字(全文2662文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集