メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GAFAとマイクロソフトの買収実態調査 米FTC「過去10年間の内容報告を」

米連邦取引委員会(FTC)=米ワシントンで、横山三加子撮影

 米連邦取引委員会(FTC)は11日、米IT大手グーグルの親会社アルファベットと、アマゾン、フェイスブック、アップル、マイクロソフトの計5社に対し、独占禁止法(反トラスト法)に基づき、過去10年間に行った小規模の企業買収の内容を報告するよう命じた。将来ライバルになりうる新興企業を買収することで公正な競争を阻害していないか調べる。問題があると判断した場合、買収の取り消しや企業分割を命じる可能性もある。

 FTCのサイモンズ委員長は「巨大IT企業の企業買収の実態を調べ、(FTCとして)市場競争を阻害するような買収案件を十分に審査できているかを検討する」と表明。報告命令は市場の実態把握が目的とする一方で、調査結果次第で「買収の取り消しを含め、全ての選択肢があり得る」とも説明した。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文985文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです