メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英、新高速鉄道計画を継続 車両受注へ日立も応札 ジョンソン氏「地方経済底上げ」

HS2が開通したバーミンガム駅のイメージ図=英公社「HS2」提供

 英政府は11日、ロンドンと英中部を結ぶ新高速鉄道「ハイスピード2(HS2)」の建設計画を継続することを決めた。コスト膨張で是非を検討してきたが、地方経済の底上げを訴えるジョンソン首相が実施を判断した。総工費は当初計画の約3倍の1060億ポンド(約14兆9460億円)に膨らむ見込みで「第二次大戦後最大」(英メディア)のインフラ事業となる。車両の受注を目指して日立製作所が応札しており、大型案件獲得となるかも注目される。

 HS2は、ロンドンからバーミンガムを経由し、中部のマンチェスターとリーズに向かう約555キロを結ぶ“英国版・新幹線”。建設計画が発表された2012年に327億ポンドとされた総工費は15年に560億ポンドに膨らみ、英政府は19年夏以降、継続の是非を検討してきた。最新の見通しでさらに総工費はかさむが、ジョンソン氏は11日、英下院で現行路線が過密状態であることなどに触れ「地方の輸送網の改革は国全体の変…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  2. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  5. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです