特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米民主党予備選 急浮上のクロブシャー氏とは? 「白人労働者の代弁者」掲げる穏健派

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
開票速報を受けた演説で、支持者の歓声を浴び笑顔を見せるエイミー・クロブシャー上院議員(中央)=米東部ニューハンプシャー州コンコードで11日、高本耕太撮影
開票速報を受けた演説で、支持者の歓声を浴び笑顔を見せるエイミー・クロブシャー上院議員(中央)=米東部ニューハンプシャー州コンコードで11日、高本耕太撮影

 11日に投開票された米大統領選の民主党候補指名争い第2戦、東部ニューハンプシャー州予備選では、中西部ミネソタ州選出のエイミー・クロブシャー上院議員(59)が3位に入る躍進を見せた。候補者テレビ討論会での活躍をきっかけに最終盤で一気に支持を拡大。11日夜の演説では「私たちは予想を覆した」と興奮気味に語った。

 ミネソタ州選出初の女性上院議員として3期目。ピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長(38)らと同じ穏健派だが、急進左派と穏健派の路線闘争からは距離を置く。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文829文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集