メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

母国で廃棄の牛革をリサイクルし「脱貧困」 バングラデシュの若者が別府で起業

 母国で捨てられている牛革で商品を生み出し、貧困や環境問題を改善したい――。バングラデシュの若者が留学先の大分県別府市で起業して売り出した、機能性やデザイン性を重視した革製品が人気を呼んでいる。「おしゃれなうえ、社会問題の解決にもつながる」と、サッカー・J1チームとの商談も進んでおり、全国への販路拡大に挑んでいる。【吉川雄策】

 シンプルで飽きがこないデザインのノートパソコン用ケース(7000円)やIDカードホルダー(4500円)、機能的な作りのペンケース(5000円)――。天然なめし加工でどれも長く使うほどツヤが増し、染料も植物性で環境に配慮する。「色の組み合わせも自由に変えられます」。別府市の立命館アジア太平洋大(APU)大学院に留学中のサダト・ナスムズさん(24)=経営管理研究科1年=は、自慢の商品を並べ笑顔を見せ…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです