日田彦山線、BRT導入で決着へ 鉄道復旧は不可能に 九州北部豪雨で今も一部不通

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
青柳俊彦・JR九州社長(中央)、小川洋・福岡県知事(右列奥)、広瀬勝貞・大分県知事(左列奥)らが出席した日田彦山線復旧会議=大分県日田市で2020年2月12日午前9時34分、森園道子撮影
青柳俊彦・JR九州社長(中央)、小川洋・福岡県知事(右列奥)、広瀬勝貞・大分県知事(左列奥)らが出席した日田彦山線復旧会議=大分県日田市で2020年2月12日午前9時34分、森園道子撮影

 2017年7月の九州北部豪雨で被災し全体の約4割で不通が続くJR日田彦山線(北九州市―大分県日田市)を巡り、JR九州と不通区間の自治体トップが12日、日田市内で復旧方針を協議した。JR九州は赤字が大きい同線の無条件の復旧に応じず、自治体による財政支援も一部自治体が否定したため、鉄道復旧は事実上不可能となった。JR九州は線路の一部を専用道化してバスを走らせる「バス高速輸送システム」(BRT)による復旧案の改良案を新たに提示。3月末の次回会議でBRT導入で決着する見通しとなった。

 BRT導入が決まればJR九州の路線では初めて。JR九州の在来線は9割が赤字で、地方の人口減少が進む中、ローカル線のあり方の転換点となる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文869文字)

あわせて読みたい

ニュース特集