メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎、広がる不安 電話相談、連日1000件 「中国人とすれ違った」「人混みに」

新型コロナウイルスに感染した可能性のある患者を受け入れる準備をしている都立駒込病院の職員=東京都文京区で2020年2月6日、熊谷豪撮影

 中国を中心に広がる新型コロナウイルスの感染を心配する人らが医療機関に相談するケースが相次いでいる。普通の風邪と症状が似ていて見分けがつきにくいうえ、厚生労働省もウイルス検査の対象を中国湖北省とつながりのある人に原則限っているため、不安が広がっているとみられる。政府は簡易検査キットの開発を進めるが、実用化にはまだ時間がかかる見通しだ。院内感染の危険性も示唆されており、今後、患者が増えれば混乱に拍車がかかる恐れもある。

 「ショッピングセンターで中国人とすれ違った。検査してくれないか」。沖縄県立中部病院(沖縄県うるま市)には、住民からこんな問い合わせが1日に4、5件は寄せられる。高山義浩・感染症内科副部長は「症状が出ていなければ、受診は不要なんだが」と困惑する。今後は国内患者が増える可能性があり、「新型コロナウイルスは高齢者や持病のある人だと重症になりやすい。薬の処方日数を増やす取り組みなどを始めた」と話す。

 厚労省が1月末に開設したコールセンターにも、連日約1000件の相談がある。「数日前に人混みに行った。その後、熱が出て、喉が痛い」といった不安の声が多い。ただし、これまでの検査で中国湖北省とつながりのない感染者は見つかっていない。

この記事は有料記事です。

残り2217文字(全文2740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです