新型肺炎 中国全土で「帰国、至急検討」 政府が滞在の日本人に 入国拒否は浙江省も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時27分、川田雅浩撮影
首相官邸=東京都千代田区で2019年5月1日午前10時27分、川田雅浩撮影

 新型肺炎の感染拡大をめぐり、日本外務省は12日、中国に滞在する日本人らに対し「日本への早期の一時帰国や中国への渡航延期を至急ご検討ください」とする注意喚起を発表した。これまでの「積極的な検討」の呼びかけから「至急」に表現を強めた。中国浙江省政府が南東部を中心に感染リスクが高まっていると発表し、今後は移動制限がより厳格になるなど「中国各地で状況が急激に悪化する可能性」を念頭に置くよう求めている。

 さらに日本政府は13日から、中国湖北省に滞在歴がある外国人らを対象としていた入国拒否の措置を、中国浙江省にも拡大。日本への入国申請日より前の14日以内に両省に滞在歴がある外国人や、両省発行の中国旅券を所持する外国人の入国を拒否する。今後は、感染の恐れがある乗客がいる旅客船の入国拒否の手続きも簡略化し、水際対策を強化する構えだ。安倍晋三首相は12日に首相官邸で開いた政府の対策本部で、一連の対策を表…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文654文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集