メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 ホテルなど滞在の帰国者、全員陰性 チャーター第1便、帰宅始まる

関係者(右奥)に見送られて千葉県勝浦市のホテルを出発する政府チャーター機第1便の帰国者を乗せたバス=2020年2月12日午後7時2分、滝川大貴撮影(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(乗員乗客3711人)で12日、検疫官1人の感染や体調が悪化した乗船者の重症化が確認された。新たに39人(うち日本人10人)の乗員乗客の感染も判明し、クルーズ船乗船者の感染確認は174人に上る。一方、政府チャーター機の第1便で中国・武漢から帰国し、ホテルなどに滞在していた197人は、11日のウイルス検査で全員陰性と判定され、12日夜から帰宅が始まった。

 厚生労働省によると、感染した50代男性検疫官は今月3、4両日、マスクや手袋を着けて船内で乗客の体温測定や質問票回収をしていた。9日に熱が出て10日に受診し、感染が確認された。感染経路は不明という。発症前の5~7日に検疫所で勤務しており、その間の濃厚接触者の有無も調べる。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです