メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ホテルの皆さんに助けられた」ほっとした表情で家路へ チャーター機で帰国のホテル滞在者

地元住民から寄せられた応援メッセージを手に取材に応じる帰宅が決まった政府チャーター機第1便の帰国者=千葉県勝浦市で2020年2月12日午後6時51分、滝川大貴撮影

 「滞在の前半はいい情報がなかった」「ホテルの皆さんに助けられた」。千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」で12日、新型コロナウイルスの感染拡大により中国・武漢市から政府チャーター機第1便で帰国した滞在者の帰宅が始まった。滞在者は2週間余りの不自由な生活をさまざまな思いで振り返り、ほっとした表情で家路についた。

 この日夕方、ホテル前で滞在者を代表して男女2人がマスク姿で報道陣の取材に応じた。50代男性は「同じ滞在者で陽性反応が出たため、自分も可能性があると思った。(ホテルや地元の風評被害など)前半はいい情報がなかった」と述べ、「自分が発生源にならないと保証されるまで不便さは覚悟した。家族にうつすのも絶対避けたかった」と続けた。

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです