特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

アスリート交差点2020

記憶に残るスイマーへ 若手の台頭 4年前の自分を重ね=競泳・渡辺一平

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
リオデジャネイロ五輪代表選考を兼ねた日本選手権男子200メートル平泳ぎ決勝2位で日本代表入りを決めた渡辺一平(右)と健闘をたたえ合う北島康介=東京辰巳国際水泳場で2016年4月8日、小川昌宏撮影
リオデジャネイロ五輪代表選考を兼ねた日本選手権男子200メートル平泳ぎ決勝2位で日本代表入りを決めた渡辺一平(右)と健闘をたたえ合う北島康介=東京辰巳国際水泳場で2016年4月8日、小川昌宏撮影

 思い返しても、あれほど泳ぎにくいレースはありませんでした。2016年リオデジャネイロ五輪の代表選考を兼ねた日本選手権です。男子200メートル平泳ぎは北島康介さんの応援一色でした。あれからもう4年。再び迎える五輪選考会を前に、自分の置かれている立場はがらりと変わった。そう実感しています。

 4年前は大学2年になったばかり。五輪2大会連続2冠の北島さん、12年ロンドン五輪銅メダルの立石諒さんら実績のある選手に立ち向かい、がむしゃらに泳いで代表権を勝ち取りました。

 17年には当時の世界新記録をマークし、2大会連続で世界選手権の表彰台にも上がったことで、今は追われる側となりました。ただ、プレッシャーはありません。あくまでも選考会は「通過点」。1人だけ泳いでいるステージが違うなと思ってもらえるレースを見せます。4年前と違うのは世界と同様、国内のレベルも想像以上に上がり、代表争いはし烈だということです。

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1229文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集