メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野村克也さん死去 日本代表・稲葉監督ら弔問「五輪の年、見守ってください」

野村克也さんが死去したことを受け、練習前に黙とうするソフトバンクの選手ら=宮崎市で12日

 プロ野球・南海(現ソフトバンク)で戦後初の3冠王を獲得して捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執り3度の日本一に輝いた野村克也さんの急逝から一夜明けた12日、東京五輪で金メダル獲得を目指す日本代表の稲葉篤紀監督らが東京都世田谷区の自宅を弔問した。

 宮崎市でのオリックスのキャンプ視察を終えて東京へ直行した稲葉監督は恩師と対面し「感謝の気持ちしかない。オリンピックの年なので、見守ってくださいと言いました」と話した。

 ヤクルトの高津臣吾監督は沖縄県浦添市でのキャンプを午前中で切り上げ、小川淳司ゼネラルマネジャー(GM)、池山隆寛2軍監督らと駆け付けた。野村さんはヤクルト時代のユニホームを着て眠っており「改めてよく似合っているなと思った。必ず見ていてくださる。恥ずかしくない戦いがしたい」と必勝を誓った。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです