メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全柔連、男性指導者2人を「除名」 会員登録永久停止、教え子にわいせつ行為

[PR]

 全日本柔道連盟(全柔連)は12日、東京都文京区の講道館で臨時理事会を開き、教え子に対するわいせつ行為で男性指導者2人への、除名に相当する全柔連会員登録の永久停止処分を決めた。

 全柔連によると別々に起きた案件で、1件は刑事事件として公判中。指導者はともに行為を認めているという。中里壮也専務理事は「被害者の人権を第一に考えた」と述べ、被害者側の要望により詳細の公表は控えた。理事会では懲戒処分公表基準を承認し、未成年が関わる事案は公表しないことなどを定めた。

 日本柔道界からの会員登録永久停止処分は今回で4例目。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです