メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

[PR]

 言葉ことばはなちからがあるのに、ある特定とくてい場面ばめんはなせなくなる症状しょうじょうのことです。「不安障害ふあんしょうがい」として障害しょうがいひとつに分類ぶんるいされています。たとえば、いえでは普通ふつうはなせるものの、学校がっこうなど普段ふだんことなるひと場所ばしょ場面ばめんになると、極度きょくど不安ふあん緊張きんちょうからはなせなくなり、自分じぶんからだ自分じぶんでうまくうごかせなくなります。数百人すうひゃくにんに1ひとりおさないころに発症はっしょうするとされています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです