メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新編集講座ウェブ版

(142)「形」から「音」へ  見出しの誤植

[PR]

見出しの誤植は、編集者にとって恥ずかしいミスです。本社には、記事の間違いを点検する 「校閲センター」 という職場がありますが、見出しを付けるのは編集者ですから、その間違いは自分で見つけ、紙面化される前に修正しておきたいものです。以前は、「衛星」が「衝星」に化けた例のように、形の似た別の字を組む例が多かったのですが、ワープロの普及とともに、「開放」が「解放」に化けた例のように(オープンな市場を求めているので「開放」が正解)、同音異義語への変換ミスが目立ちます。続きはこちら……

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです