メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

柴田元幸さん(文芸誌編集長・翻訳家) 自分たちが面白いものを 創刊7年『MONKEY』、通巻20号

文芸誌『MONKEY』について語る同誌編集長の柴田元幸さん=東京都港区で2020年2月4日11時53分、棚部秀行撮影

 2013年に創刊した文芸誌『MONKEY』(スイッチ・パブリッシング)が15日発売号で通巻20号を迎える。2、6、10月の年3回の発行。編集長を務めるアメリカ文学者で翻訳家の柴田元幸さんは「単純に自分たちが面白いと思うものを作ってきました。じわじわ認知されてきている感じがありますね」と、創刊7年の手応えを語る。

 版元によると、発行部数は号数によってばらつきはあるものの平均3万部を堅持。この1年で広告もつくようになった。出版不況で雑誌が売れないといわれるなかで、独特の存在感を示している。柴田さんは「売れなくても、いいものを作るのが大事とも思わないし、いいものを作れば売れるとも思わない。いいもので、そこそこ売れる、誰も『飢えない』状態がいい。今の規模感はちょうどですね」と語った。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです