メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もうひとつの動物園

守り・伝える/291 オランウータン/83 /東京

涙を流すバレンタインを清水美香さんは「つらかったね」と慰めた=17年4月17日、東京動物園協会撮影

赤ちゃんへ関心示す仕草

 2016年末に多摩動物公園(日野市)に来たオランウータンの雌バレンタインは、地面に下りるのが苦手だった。寝室から一番遠い屋外展示場に行くまで約2カ月かかった。

 翌年の4月のある日、展示場のタワーから、地面に下りられなくなった。当時の飼育担当、清水美香さんが何度も声をかけたが、その日は寝室に戻れなかった。

 翌日、清水さんは仲間のミンピーを展示場に送り出した。ミンピーが先に屋内に戻って行くのを見て、ようやく地面に下りたバレンタインは、「ドスドス」と音を立てて走って寝室に戻った。ほっとしたのか涙を流してリンゴやニンジンをほおばった。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです