連載

カメラ探訪

毎日新聞デジタルの「カメラ探訪」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

カメラ探訪

石川県能登町 能登のアマメハギ 怠け者はどこだ! /北陸

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アマメハギの装束を身につけた子どもたち=石川県能登町秋吉で、日向梓撮影
アマメハギの装束を身につけた子どもたち=石川県能登町秋吉で、日向梓撮影

 鬼などの面をかぶった若衆が家々を訪ね、子どもたちの怠け心を戒める。能登町と輪島市に伝わる「能登のアマメハギ」は、2018年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産にも登録された伝統行事だ。2月3日夜、能登町秋吉地区のアマメハギの道行きに同行した。【日向梓】

 「アマメ」は、能登地方の方言で、いろりなどで火に長時間当たっていると足にできる「火だこ」のことで、怠け者の証しとされる。農作業の再開を控えた春の前に、怠け癖を「はぎ取る」ため、アマメハギは家々を回って子どもたちを戒める。立春に行われる能登町では節分の鬼も兼ねる。

 3日午後4時過ぎ、能登町秋吉ではアマメハギ役を務める小中学生9人が身支度を始めた。手製の鬼の面や稲わらでできたみのを身につけ、木などでできた包丁、竹筒を手に準備万端。二手に分かれ、約30軒の家々を訪ね歩き始めた。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文783文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集