メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪ねてみました

但馬大阪ツアー 気軽に利用、35分空の旅

「初乗りチャレンジャー」ツアーに参加し、但馬空港から搭乗する高品岩夫さん、京子さん夫妻(左)=兵庫県豊岡市岩井で、村瀬達男撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 但馬空港(兵庫県豊岡市)と大阪・伊丹空港の間に定期便があることをご存じだろうか。片道100キロ、35分の空の旅。利用促進のための格安ツアー「初乗りチャレンジャー」(既に受け付け終了)で、大阪府吹田市の万博記念公園にある人気ミュージアム「ニフレル」を訪ねた。隣町に行くような気軽な日帰り旅だ。【村瀬達男】

 但馬空港は1994年に開港した。定期便は伊丹のみ1日2往復。乗り継ぎで羽田空港に2時間強で着く。地元の3市2町や団体でつくる推進協議会は利便性の高さをPRしており、2018年度の旅客数は約4・2万人で過去最多を更新した。一方、近隣の鳥取空港(同40・9万人)や米子空港(同59・0万人)に比べれば極めて少ない。

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです