メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

米中対立の世紀と日本 戦後秩序再編へ誘導を=アジア調査会会長・五百旗頭真

日米安全保障条約改定調印60年の記念レセプションを前に、記念撮影に臨む故アイゼンハワー元米大統領の孫メアリーさん(前列左から4人目)、ひ孫のメリルさん(同3人目)、安倍晋三首相(前列右から4人目)ら=東京都港区の飯倉公館で1月19日、宮間俊樹撮影

 世紀が変われば、主役も変わる。20世紀を迎えた際には、前世紀から大躍進を遂げた米国、ドイツ、日本がパックス・ブリタニカ(英国による秩序)に割って入った。ドイツが第一次世界大戦を、そしてドイツ・日本が第二次世界大戦を引き起こして、ともに返り討ちにあい、敗れた。二つの大戦に決着をつけたのは米国であり、戦後の秩序づくりも主導して「アメリカの世紀」をもたらした。米ソを頂点とする二極体制の冷戦期であったが、日欧の復興を助けて仲間とした米国が優越する20世紀後半であった。

 21世紀を迎えて、中国が大躍進を遂げ、新たな主役となった。スケールの大きな大国としての条件に恵まれた中国の台頭は、ドイツ・日本の場合よりはるかに大きなインパクトを世界史に与える。超大国アメリカに挑戦する新興超大国・中国という事案は、人類史にあっても類例のまれな大イベントである。

この記事は有料記事です。

残り2617文字(全文2990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです