メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

ジャレド・ダイアモンドさん=ブループラネット賞受賞の米研究者

 「日本は既に気候変動の影響を強く受けている。これからもっと被害を受ける可能性の高い若者は、大人が間違ったことをしていたら異を唱えるべきだ」

 ピュリツァー賞受賞の「銃・病原菌・鉄」に代表される著作を通じ、文明論、組織論の観点から環境問題の根源を探り、目指すべき文明のあり方について問題提起をしている。この活動が評価され、地球環境問題の解決に向けて貢献した人に贈られる2019年のブループラネット賞を受賞。12月に来日して記者会見し、日本の若者に「行動を」と強く訴えた。

 英ケンブリッジ大で生理学の博士号を取得後、米国で胆のうの研究をしながら、ニューギニア島で鳥類の野外調査を続けていた。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  3. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです