メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー アジアCL 1次リーグ 神戸・イニエスタ、魔法のパス 違い見せつけ、得点演出

【神戸-ジョホール・ダルル・タクジム】前半、ドリブルで攻め込む神戸・イニエスタ(右から2人目)

 1本のパスで局面を変える。ハットトリックした神戸のFW小川が「ああいう人がいて自分が生きている」と称するMFイニエスタのボールにはそんな力がある。「戦うのがワクワクする」というACLの舞台で違いを見せつけた。

 小川の3得点の起点は全てイニエスタだった。前半13分、センターライン付近まで下がり攻撃を組み立てると、前線の小川に相手DFの裏へ走らせるようにボールを出した。ワンバウンドしながら足元…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです