メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化庁の京都移転 22年度以降に延期 庁舎工期延び

文化庁などの看板=東京都千代田区霞が関で2019年2月2日、本橋和夫撮影

 2021年度中に予定されていた文化庁の京都移転が、数カ月遅れ、22年度以降に延期される見通しになった。移転先となる京都府警本部本館(京都市)の改修と隣接地への新庁舎建設の工期が約8カ月延び、完成が早くても22年8月と見込まれるため。建設業界の働き方改革で週休2日が浸透し、工事のペースが落ちることが主な要因という。

 府文化政策室によると、当初計画では20年夏に着工し、工期は1年半を想定。遅くとも21年度中の全面移転を予定していた。床面積を増やすなど設計変更したことも要因の一つという。落札業者次第で工期が短くなる可能性や、別の場所に一時移転する選択肢もあり、移転時期は今後、国や府市で協議する。

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです