メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党4党、懲罰動議13日午後提出 首相の謝罪・撤回なければ

前日の安倍晋三首相の発言を巡り野党が反発し、予定時間を過ぎても開会できない衆院予算委員会=国会内で2020年2月13日午前9時42分、川田雅浩撮影

 立憲民主党など野党4党は13日午前、幹事長・書記局長会談を国会内で開き、安倍晋三首相が12日の衆院予算委員会で飛ばしたヤジを謝罪・撤回しなければ、首相への「懲罰動議」を13日午後に衆院に提出する方針を決めた。与野党は国対間で断続的にこの問題を巡る協議に入り、午前に予定された衆院予算委員会は開会が遅れている。動議提出は、質疑の秩序を乱した「衆院議員」に対する動議という意味合いがある。野党によると、現職首相への懲罰動議提出は、酒気帯びで登院した小泉純一郎首相(当時)に出した2005年以来。

 立憲の福山哲郎幹事長は会談後の記者会見で「ヤジをはじめ、首相の数々の発言は議会制民主主義を冒とくする。議員として懲罰に値する。予算審議を要請する行政府の長としても看過しがたい態度だ」と批判した。共産の小池晃書記局長も記者団に「さまざまな発言があったが、(12日の)暴言は決定打だ。堪忍袋の緒が切れた。(吉田茂元首相の)『バカヤロー』発言に匹敵する、それを超える、史上最悪の発言だ」と語気を強めた。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏、接触8割減「できるわけない」 首相発言で指摘 新型コロナ

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 波紋呼ぶ「軽症者に日本財団9000床提供」 つくば市「寝耳に水」「住民の合意は…」

  4. 「さすがメルケル首相」新型コロナ対応で人気復活 世論調査満足度も64%

  5. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです