メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相、ヤジを17日「謝罪」へ 「意味のない質問」国会審議に影響、与党からも苦言

前日の安倍晋三首相の発言を巡り野党が反発し、予定時間を過ぎても開会できない衆院予算委員会=国会内で2020年2月13日午前9時42分、川田雅浩撮影

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は13日、国会内で会談し、安倍晋三首相が12日の衆院予算委員会で野党側にヤジを飛ばした問題について、首相が17日の予算委冒頭で「謝罪」することで合意した。ヤジの余波で13日に予定していた予算委は流会となるなど、国会審議に影響が出ており、与党からも首相に苦言を呈する声が上がっている。

 立憲など野党4党は13日、幹事長・書記局長が国会内で会談し、首相からヤジの謝罪と撤回がなければ、首相への「懲罰動議」を衆院に提出する方針を決定。森山、安住両氏が対応を巡って断続的に協議した。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです