メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国の1月新車販売18%減 「SARSより深刻」

主な日本メーカーの中国自動車製造拠点

 中国自動車工業協会が13日発表した1月の新車販売台数は前年同月比18・0%減の194万1000台だった。春節(旧正月)の大型連休で販売店の営業日が少ないところに、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大が重なった。19カ月連続で前年実績を下回った。

 協会は、新型肺炎の自動車産業への影響は「2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の時より大きい」と強い懸念を表明した。

 また新型肺炎の「震源地」である湖北省は、全国の自動車生産量の8~9%を占めると指摘。感染者の多い広東省、浙江省も自動車産業の重要拠点だと強調し、部品メーカーも集中しているため、サプライチェーン(部品の調達・供給網)に支障が出るとの見方を示した。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  3. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです