島根・津和野で発見「日本最古の岩」 二番目がある岐阜・七宗に一部寄贈 並べて展示

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
寄贈される岩を触る下森博之・津和野町長(左)と井戸敬二・七宗町長=島根県津和野町で、竹内之浩撮影
寄贈される岩を触る下森博之・津和野町長(左)と井戸敬二・七宗町長=島根県津和野町で、竹内之浩撮影

 島根県津和野町はこのほど、町内で発見された日本最古となる25億年前の岩の一部を「日本最古の石博物館」がある岐阜県七宗(ひちそう)町に寄贈した。津和野町の岩が見つかる2019年3月までは七宗町が日本最古の岩の発見地としてPRに取り組んでおり、同町の町おこしに与える影響を心配した津和野町が申し出た。

 25億年前の岩は高温の変成作用を受け、しま模様が特徴の「花こう片麻岩」。広島大の研究チームが津和野町部栄地区で見つけた。一方、七宗町では1970年に飛騨川で20億5000万年前の花こう片麻岩を発見。町は96年にこの岩などを展…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文655文字)

あわせて読みたい

注目の特集