メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉・銚子の虐待 双子の次男も負傷 傷害容疑で逮捕の父が暴行か

送検される石川聡史容疑者=千葉県香取市の県警香取署で2020年2月13日午前8時37分、町野幸撮影

[PR]

 生後2カ月の長男に暴行し頭部に重傷を負わせたとして自称茨城県神栖市の配管工、石川聡史容疑者(29)が千葉県警に傷害容疑で逮捕された事件で、双子の次男も頭部にけががあり入院していたことが捜査関係者への取材で明らかになった。県警は、石川容疑者が次男にも暴行を加えた可能性があるとみて捜査している。

 石川容疑者は2019年9~10月ごろ、千葉県銚子市の妻の実家で長男に暴行を加え、頭部損傷など全治2カ月の重傷を負わせたとして、今月12日に逮捕された。

 捜査関係者によると、長男の頭部のけがは強く揺さぶられることなどによって起こる硬膜下血腫だった。長男が入院する前に、次男も硬膜下血腫で入院していたという。

 石川容疑者は30代の妻と双子、1歳の長女の5人で暮らしていた。県警は13日、石川容疑者を千葉地検に送検した。【加藤昌平、町野幸】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  3. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです