メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市民ら見送り「お疲れさま」 1便帰国者、千葉・勝浦のホテル出発

地元住民らから見送られながらバスで帰宅する中国・武漢市から帰国し千葉県勝浦市のホテルに身を寄せていた人たち=千葉県勝浦市で2020年2月13日午前9時2分、滝川大貴撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの経過観察のため、中国湖北省武漢市から政府チャーター機第1便で帰国し、千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」での滞在を1泊延ばした140人と、同県鴨川市の病院に入院して陰性が確認された1人の計141人が13日午前、国が手配したバスなどに分乗し、ホテルを出発した。周辺には100人を超す市民らが見送りに駆けつけ、「お疲れさま」「お元気で」と声をかけ見送った。

 土屋元(はじめ)・勝浦市長は報道陣に「ホテルが勇気を持って受け入れてくれ、勝浦にとっては成長のきっかけを与えてもらった」と話した。【中島章隆】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです