メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライト設計のヨドコウ迎賓館 明治後期のひな人形展示 15日から 兵庫・芦屋

ヨドコウ迎賓館で展示される段飾りのひな人形

[PR]

 兵庫県芦屋市山手町の国指定重要文化財「ヨドコウ迎賓館」(旧山邑=やまむら=家住宅)で15日から、明治時代後期につくられたひな人形などを紹介する「雛(ひな)人形展」が開かれる。

ヨドコウ迎賓館で展示される「花観人形」。明治天皇を中心に、花見の様子が人形などで表現されている

 同館は、櫻正宗(神戸市)の8代目当主、山邑太左衛門が米国の建築家、フランク・ロイド・ライトに設計を依頼して1924年に完成した。戦後、淀川製鋼所(大阪市)が購入し、89年から一般公開されている。

 人形は、8代目が長女の誕生を祝って京都の老舗「丸平大木人形店」に依頼したもの。1900~01年に山邑家に納められたという。段飾りのひな人形は、優雅さをたたえた人形の表情はもちろん、繊細な調度品も見どころ。衣装の美しさを打ち出す「花観(はなみ)人形」は、明治天皇を中心とした華やかな構成だ。そのほか、花嫁人形も展示される。

 4月5日まで。入館は午前10時~午後3時半。月・木曜休館(2月24日は開館)。大人500円、小・中・高校生200円。ヨドコウ迎賓館(0797・38・1720)。【岸桂子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです